プロ直伝!簡単な掃除で車内の臭いを消す方法

車内の臭いの発生源はどこにあるのか?

「車内の臭い」の改善策は、臭いの発生源の掃除がもっとも有効な方法です。車内の臭いの元は、タバコの煙や持ち込んだ食べもの、人やペットの臭いなどさまざまですが主に以下になります。

臭いの発生源

  • シート・カーペット・内ガラスなど、車内の表面に付着している汚れ。
  • エアコンダクト内の汚れ。*エアコンのスイッチを入れた時に発生する臭い

下取り・買取りの査定では、この「臭い」による減点が大きいので、査定前に臭いを消しておくことが必須です。上手に臭いを消せばマイナス査定を防げる可能性があるので、簡単な掃除方法をご紹介します。

*特にエアコンの臭いが気になる人は、エアコンダクト用の除菌防臭スプレーを使います。エアコンダクトの掃除はこちらで説明しますのでそちらをご覧ください。

関連ページ・
タバコやペット臭がある車の査定方法

臭いの元を消すには?

自動車の車内は性質上密閉された空間です。一度臭いが染み付いてしまうと、なかなか取れません。脱臭剤や脱臭スプレーを使えば、少しの間は臭いを抑えこむことができます。しかし、それはわずかの間で、無臭が持続されるわけではありません。

車内を拭き掃除

臭いは、シート・カーペット・ダッシュボード・ドアの室内側内張り・天井トリム・内ガラス・エアコンダクト内など、あらゆるところついています。脱臭剤や脱臭スプレーの効果は時間とともに薄れ、次第に元通りの臭いになります。

一般的に、車内の臭いを消すのは難しいと考えられていますが、エアコンダクトを除く大部分は、意外にも簡単な掃除で消すことができます。その方法は『水拭き』です。

車内を水拭きするというと「えっ?」と思う人もいるでしょう。シートや天井などのごく表面に吸着している臭いの成分を、取り除くことができるので大変有効です。家具やソファを拭くのと同じ要領なので簡単です。

今回ご紹介する清掃方法は、比較的予後の少ない一般的なファブリックシート(布シート)および、PVC製(塩化ビニール)のドアトリム・ダッシュボードなどに有効です
掃除の前に、車内の汚れの状態と、シート・ダッシュポード・ドアトリムに使われている素材を確認しましょう。

また、作業は晴天のときを選び、可能な限り窓やドアを開放したまま車内を数時間干してやるとさらに効果的です。

準備するもの

  • 台所用の食器洗い洗剤(無香・微香のもの)
  • バケツ2個(洗浄液と真水用)
  • 手ぬぐいサイズのタオル3枚
    (洗浄液用・真水用・乾拭き用に分けて使用します)



〜洗浄液の作り方〜

洗浄液は、キッチン用の中性洗剤がよいでしょう。水1Lに対して30cc~50cc(3%~5%)程度のごく薄い状態まで薄めます。バシャバシャして、少し泡が立つ程度がよいです。用意したバケツのひとつに薄めた洗浄液、もうひとつに真水をいれておきます。洗浄液・真水を浸した2つのタオルは、固く絞って準備します。


作業の開始の前に

清掃前に車室内においてある物・トランクの物をすべて下ろします。フロアマットの砂埃などが落ちないよう慎重にはずし、掃除機を使って砂埃・チリ・髪の毛など隅々まで吸引除去します。


掃除をはじめよう、作業は上から下に

作業の流れは、上から下の順で「汚れの少ないところから大きい方へ」に進めます。汚れが最も少ないのが天井と各ピラーです。

次の順序で進めましょう。

  1. 天井トリム・各ピラー
  2. シート1脚づつ
  3. ダッシュボード
  4. コンソール・ドアトリム
  5. フロアカーペット
  6. 内ガラス

掃除作業の工程

  1. 洗浄液を絞ったタオルで拭く
  2. 真水を絞ったタオルで拭きあげる
  3. 乾いたタオルで乾拭きする

以上の3つの工程を各場所ごとに作業をくりかえすだけです。

洗浄液につけたタオルをかたく絞って、各箇所ごと(例えば運転席シート1脚など)に別けて拭きあげます。このとき、拭き取った汚れが他の場所につかないよう、タオルを折り返しながら拭いていきます。その後、洗浄液で湿った状態のシート表面などを真水で絞ったタオルで拭きあげ、洗剤成分を拭き取ります。

各箇所で2つの繰り返す工程がおわったら、乾いたタオルで全体の水分をよく拭き取ります。汚れてきたら他の場所に汚れを移さないよう、それぞれのバケツの中でしっかり洗います。

内ガラスをキレイに拭くと臭いに効果的

喫煙車の内ガラスは、タバコのヤニで恐ろしいほど汚れています。先に説明した同じ洗浄液を使いますが、もし汚れていたら作り直しましょう。各ウインドウは内側から念入りに清掃すると、曇りが取れて車が輝いて見えます。


掃除のポイント

  • 各箇所ごと分けて掃除する
  • 洗浄液と真水のタオルを使い分ける
  • タオルは固く絞って使う

乾拭き用は3枚程用意しておくことがオススメです。乾いたタオルが湿ってきたら、先にバケツで使って汚れてきたタオルと交換しましょう。


「適度な力加減で拭く」ことが大切です。汚れを強引に取り除くためにゴシゴシと拭いたり、ブラシなどで泡立てて掃除をすると、丸1日かかってしまい、清掃後に汚れが浮いてきてムラやシミになってしまうことがあります。あくまでも表面に吸着した汚れと臭いを取るのが目的です。

仕上げに無香の除菌スプレーを使う

除菌・防臭スプレーはなるべく無香の製品を使いましょう。あなたが感じる「良い香り」が他人も好むとは限りません。ただし、どうしてもニオイの消えないヘビースモーカーの喫煙車の対策として、ほのかに香料の付いた除菌スプレーを使う方も多いようです。

掃除の注意点

今回の清掃方法による効果は、一般車の標準クラスに限定しています。革製品・バックスキン・ラバー塗装、またはそれに類する起毛仕上げの内装品が使われている部分は、製品によって変色や硬化をする場合があるので注意が必要です。また、表面に光沢のある柔らかな樹脂素材の場合、傷がつくことがあるので、ホコリをしっかり除去してから作業を始めて下さい。

布製シートやPVC製(塩化ビニール)のドアトリム以外の清掃する場合、予め見えない部分で試して数日おいてから、状態の確認をして作業に取り掛かるようにしましょう。また、車内の天井トリムやシートなどがタバコのヤニ汚れで変色している車は、何もしないほうがよいかもしれません。

その理由は、そこまで汚れていると掃除をしても査定減点は免れないからです。また、強引にゴシゴシと水拭きをすると、変色が目立つシミに変化してしまうことがあるので、手を付けないほうが無難です。

季節によって車内がかなり暑くなるので、熱中症に注意して、水分補給を欠かさず休憩も取りながら作業を進めてて下さい。
車内の臭いを消して査定額が少しでも高くなるように、ぜひお試しください!

下へ

info2019年10月現在でおすすめする
2つの車買取サービス

1番のおすすめは、ガリバーやカーセブンなど大手が登録している「車の一括査定サイト」のかんたん車査定ガイドです。一番高額売却が期待できるサービスです。

査定価格は買取店によってバラつくので、合計3社以上の買取店から査定を受けるのがベストです。査定を受けずにオンラインで概算価格(おおよその価格)を調べるだけでもOKです。全国無料。

infoかんたん車査定ガイドの
一括査定はこちら

買い取り店一覧

2番目におすすめするサービスは、ユーカーパックです。こちらは比較的新しい買取サービスで一括査定ではありません。一度の査定を受けて、全国の買取業社(最大5000社)がオークション形式であなたの車を入札していく仕組みです。

たくさん電話がかかってくることはありません。こちらも概算価格を調べるだけでもOKです。全国無料。

infoユーカーパックの無料査定はこちら

かんたん車査定ガイド&ユーカーパック2社のコンビネーションがおすすめです。

ページの先頭へ