車査定攻略ネット

愛車を
なるべくスムーズに
できるだけ高く売る方法を
紹介するサイトです!!

近年は、消費税増税(2014年)や軽自動車税の引上げ(2015年)などで新車市場が縮小し、それに反して円安による中古車の海外輸出は増え、中古車市場は慢性的なタマ不足(=中古車不足)が続き、買取業者間で車の奪い合いが生じています。

テレビやラジオのCMは、車の買取の広告ばかりです。中古車業界は販売よりも買取に力を入れている状況なんです!

一括査定サービスを使うと、ガリバー・カーセブン・アップル・カーチスなど、複数の有名中古車買取店から、車を高く売れるお店を見つけ出してくれます。

info車を高く売る一括査定はこちら

一括査定の申し込みから売却までの流れ

一般的に中古車販売の理解度が高く販路の多い買取店は、ディーラーの下取りよりも高い査定価格を出す傾向があるので、査定を受けて比較してみることが大切です。

弊サイトがおすすめする一括査定「かんたん車査定ガイド」を利用すれば、お住まいの近くの大手(ガリバー・カーセブン・ビッグモーター・カーチス・アップル等)を含む提携買取店から、一番高く買い取ってくれるお店を見つけ出してくれます。

ここからは「かんたん車査定ガイド」の利用方法です。誰でも簡単にパソコン・スマホから利用できるサービスです。

①一括査定サイトで車の概算価格(おおよその見積り)を調べる

パソコンで査定申し込み

かんたん車査定ガイドは、スマホ・パソコンからオンライン上であなたの車の情報を入力すると、下の画像のように既算価格が表示されます。

ここで表示される価格は、状態の良い中古車の場合です。この既算価格より、高く買い取られることはほとんどありません。以下は、スマホ版「かんたん車査定ガイド」で2014年式のトヨタ・アクアの既算価格のみを査定した例です。

2014年式トヨタ・アクアで概算価格を調べた例
トヨタ・アクアの買取価格

あなたの車の実質最高値を知りたいのであれば、実車を少なくても3店舗から出張査定してもらう必要があります。買い取り査定の広告は最大10社と唱っていますが、実際は一回の一括見積もり査定で平均2〜3社、多くても5社前後(お住いの地域によります)になります。

関連ページ・
何社から査定を依頼するべきか?

下へ

②買取専門店からメール・電話の連絡への対応方法

査定依頼後、あなたの車に興味を示した買取専門店のみから連絡を待ちます。車体の状態・色・グレード・排気量・走行距離などの詳細を聞かれます。

査定の流れ

このとき、あなたの車の状態をできるだけ伝えます。車を発注する際に注文したメーカーオプション・ディーラーオプションは大切な情報です。

特に車を購入した後に付けることができないメーカーオプションのエアバックなどの安全装備、純正ナビやアルミホイール、本革シートやサンルーフ、また禁煙車などアピールポイントはできるだけ伝えます。

業者さんはまず「〇〇万円から〇〇万円ぐらいです」といった具体的な査定額を提示します。基本的にこの時に提示される最高額より高くなることはないですが、査定が終わった後の、最後の最後で業者さんは、必ず数千〜数万円ほど上乗せして即決交渉を挑んでくると考えましょう。

このように提示される価格の幅を3店舗以上から聞きだして、重なる価格帯を指標にしましょう。それから新たに他の一括査定サイトに申請してみるのもひとつのアイデアです。もちろんこの段階で価格調査するだけで終わるのも良しです。


業者さん「お車の査定に伺ってよろしいですか?」

「改めてこちらから日時をお知らせします」と伝えましょう。先ず、すべての業者さんの価格帯を知ってからスケジュールを組んだ方が良いからです。

関連ページ・
買取業者の選び方と順番の決め方

選抜

価格帯の条件の良い業者を選抜する
それぞれの業者の価格幅が出揃ったところで、価格帯の条件の良い業者さんのみを数社選抜して、日程を調整して出張してもらいます。(申し込んだ翌日の訪問査定でも可能な場合がほとんどです)

例えば、それぞれ午前に2件、午後に2件程度(1時間半から2時間間隔)で時間を合わせます。「今週の○曜日○時に来ていただけますか?」とメールで送れば、ほとんどの業者さんが都合をあわせてくれます。

*他の業者さんには、お断りのメールを送りましょう。

ねえ、「電話がしつこい」とかあるのかな。。
買取事業者などで構成されるJPUC(日本自動車購入協会)が2014年に発足して以来、過度な催促はずいぶん改善されているといわれているよ。

関連ページ・
知っておきたい「車買取の裏事情」
車売却トラブルの相談窓口

下へ

③出張査定のイメージ

現物の査定はもちろんすべて無料です。複数の業者がそれぞれの査定士さんを派遣することになりますが、「個々に時間をずらして査定してもらう」なのか「同時に査定させる状況にする」は、あなたの性格に合ったやり方が良いでしょう。

後者は業者間で同時に査定させて価格を競合させる「合同査定」という方法です。基本的に業者さんはこの合同査定を好みません。

また、中には合同査定が非常に苦手な業者さんが必ずいます。一見、「合同査定」は大変そうに感じるかもしれません。しかし実際に、個別に査定をしてもらって、1日中時間を費やした後、「合同査定にしたら良かった…」と思う方は多いのではないでしょうか。

買取店から来る査定士には価格を決定する権限はありません。LINEやメールなどで車の状態を撮影した画像を本社に送ってから、本社から買取価格が査定士に伝えられるまで少し時間がかかります。

通常「ヒアリング10分+実車の鑑定20分+本社からの価格提示待ち10分」の時間がかかります。

車の査定

査定は日本自動車査定協会が定めた手順に基づいて行われます。キズなど不都合箇所があれば査定時に伝えるのがベストです。

あなたのクルマがどんな車種でどんな状態であっても、業者さんは提示する買取金額で十分に採算がとれるので負い目を感じる必要はありません。

腰を低くする必要はありませんが、なるべく誠意のあるはっきりした対応をしましょう。査定士も人間ですから気持ち良い対応すると、査定も好条件にしてくれる場合もあります。

関連ページ・
プロが教える査定時の交渉術!
高く売るためのテクニック

一括査定の流れ

車と必要書類を引き渡した後に売却代金が支払われます。

自動車を売却するには根気が必要ですが、長年連れ添った愛車です。高値で売ってあげましょう。

下へ

info2019年10月現在でおすすめする
2つの車買取サービス

1番のおすすめは、ガリバーやカーセブンなど大手が登録している「車の一括査定サイト」のかんたん車査定ガイドです。一番高額売却が期待できるサービスです。

査定価格は買取店によってバラつくので、合計3社以上の買取店から査定を受けるのがベストです。査定を受けずにオンラインで概算価格(おおよその価格)を調べるだけでもOKです。全国無料。

infoかんたん車査定ガイドの
一括査定はこちら

買い取り店一覧

2番目におすすめするサービスは、ユーカーパックです。こちらは比較的新しい買取サービスで一括査定ではありません。一度の査定を受けて、全国の買取業社(最大5000社)がオークション形式であなたの車を入札していく仕組みです。

たくさん電話がかかってくることはありません。こちらも概算価格を調べるだけでもOKです。全国無料。

infoユーカーパックの無料査定はこちら

かんたん車査定ガイド&ユーカーパック2社のコンビネーションがおすすめです。

かんたん車査定ガイドに登録しているすべての買取業者は古物営業法により都道府県公安委員会の許可を得ています。

ページの先頭へ