フロアマットの掃除方法

純正フロアマットは、表面は吸収力・保水力が高い構造で、速乾の高い繊維で作られています。
裏面はプラスチック樹脂加で防水加工されています。

水洗いすると、臭くなってしまうので注意しましょう。

フロアマットの掃除(水洗いはNG)

脱着式になっているフロアマットは車外で、はたきなどでゴミやホコリをたたき出しましょう。砂・カラス片などは、奥底に溜まっています。マットが特に臭くないのであれば、マットが傷むためにザブザブと水洗するのは避けるべきです。コイン洗車場にあるエアガンなどで追い出すのが理想です。

仕方なく水洗いする場合

水洗いは逆に悪臭を招く危険性があるので、なるべく避けましょう。汚れが目立つなら、部分的に蒸しタオルで汚れを取っていくか、どうしても水で洗いたい場合は、洗剤を使わない水洗いのみでもよいでしょう。

また、臭いが付いている・汚れがひどい場合は、タワシと洗濯用洗剤を使って目地に沿って擦り洗いします。十分に乾かせた後、ブラシなどで毛並みに沿って、ブラッシングします(強すぎないように注意)。最後に柔軟剤をスプレーするとベストです。生乾きではカビ臭くなるので、時間がかかりますが、十分に乾かしましょう。

洗濯機での洗浄は、形状が崩れてしまうので全くオススメしません!フロアマットは汚れる前提の物なので、あまり無理せずに対処しましょう。
車内でマットの悪臭は辛いわよ。。

そんな時は重曹よ!

重曹を使うと臭いがとれる!

フロアマットを取り外して、重曹を薄く全体が白くなる程度全体に撒いて一晩放置します。重曹は悪臭と汚れを吸着します。できれば、フロア自体にも使いましょう。翌日、よく叩いて掃除機で吸い取って終了です。*重曹はアルミ素材に使用しないこと

ページの先頭へ