浅いかすり傷を消す方法

素人でも直せる車の傷

ボディについた浅い擦り傷は、コンパウンドで磨く方法だけでキレイになる場合がほとんどです。その多くが、クリア塗装面だけのキズだからです。しかし、ダーク系などの色が深いボディだと磨いた部分が白くなってしまって、逆に目立ってしまうかもしれないので、ダーク系ボディは止めておきましょう。

自分でできるかどうかは、爪の先でキズを対角になぞってみて、軽く引っ掛かかる程度だと補修できると判断してもよいでしょう。
キズが広くて深かったら、潔くあきらめてね。詳しくはこちらを参考にしてください!

ボディーの浅いキズはDIYできる
自信がない方は、一度ボディの目立たない場所にあるキズで試してから、翌日に状態を確かめてみましょう。

ボディの傷を消す方法

用意するもの *製品それぞれの使用方法を必ず読むようにしましょう

  • スポンジ(専用の形が変形しにくいもの)*タオル&当て木でもよい
  • 液体(またはペースト状)のコンパウンド(3000番・7500番・9800番のセットなど)
    • 初心者の方には液体コンパウンドをオススメします。
  • クリアコート(樹脂系のキズ消しコートを選ぶ)



手順

  1. タオルで補修する周りの汚れをとる。
  2. はじめはコンパウンド7500番(中細)からキズを磨きはじめる。
    • 最初に7500番で試してみて、落ちにくい場合に3000番(細目)を使う。
    • 大量に使わない。はじめは少量で試す。
    • キズに対して、軽い力で平行に何度も手を動かすのがコツ。
  3. キズが目立たなくなってきたら、9800番(極細)で丁寧に磨きこむ。
    • 磨きは「もう少し」と思うところで終える。やりすぎは禁物。
  4. きれいなタオルで乾拭き。残ったコンパウンドを取り去る。
  5. 最後はクリアコートで仕上げるのを忘れないようにしましょう。
コンパウンドの番号は、数が大きくなるほど目が細かく、小さいほど粗くなります。

コンパウンドの磨きすぎに注意

コンパウンドは9800番や極細でも、塗装を薄く削っていることになります。キズの周りだけ集中的に磨きすぎると、その部分だけ色あせ・上塗りが剥げるので注意が必要です。

また、専用スポンジをタオルで代用する場合、指の形に磨き痕が残るのを防止するために、コンパウンドの仕上げでは「当て木」を使って平滑に磨くようにしましょう。

関連ページ・タッチアップペイントの使い方

ページの先頭へ