ロードサービス比較ランキング2021

車故障後にロードサービスに電話する女性

各保険会社の任意保険に自動付帯されているロードサービスの比較表をランキング形式にしています。
各社のサービス内容はずいぶん異なります。CMでロードサービスを売りにしているところが、意外と良くなかったりします。

比較するポイントは費用が高い順で、

  1. レッカー移動の距離
  2. 宿泊費用&移動費用と、同乗したペットを含むか
  3. バッテリー上がり(ジャンピング)・ガス欠の回数

各社の主な違いはこの3つに出ます。

各保険会社のロードサービス比較表

一般的なロードサービス内容として、パンク時のスペアタイヤ交換・キー閉じ込み&キー紛失時の解錠などは、各社のサービスはほとんど変わらないので割愛しています。

各保険会社のレッカー移動サービスは、保険会社が指定する修理工場であれば距離に関係なく無料になります。これは「事故で自力走行不能になって、事故現場から一番近い提携修理工場等にレッカー移動された場合」と考えてよいでしょう。*実際は自宅、または自宅から近い修理工場まで移動してもらうのがベストな状況が多い。

info保険料を賢く抑えるための「自動車保険の一括見積り」はこちら

JAF非会員の夜間サービスの場合

  • バッテリー上がり 15,230円
  • 高速道路でのガス欠 19,900円+燃料費
  • レッカー移動15kmまで 26,180円
    (1km毎に730円)

かかります。レッカー移動が高いですね。

下へ

保険料が平均2万5千円安くなる
一括見積もり

自動保険選びは、保険会社が多いので大変です。「一括見積りサービス」を利用すれば、簡単に各保険会社のプラン内容と保険料を比較することができます。いちいち各保険会社の資料を調べる手間が省けて、あなたに合った任意保険のプランを最もリーズナブルな保険料で選べます。

2021年12月現在でおすすめの一括サービスは、下記リンク先で紹介している「保険スクエアbang!」です。無料で最大16の大手保険会社のプランと保険料を一括で比較できます。

大手16社の保険料をプラン別で比較
自動車保険一括見積もりはこちら
保険会社一覧

ページの先頭へ