自動車保険の基礎知識

自動車保険は、大きく分けると自賠責保険任意保険の2種類があります。
自賠責保険は、正式名称を自動車損害賠償責任保険といい、車やバイクを購入するときには必ず加入しなければならない自動車保険です。

強制保険とも呼ばれます。
一方の任意保険は加入が強制されていない自動車保険です。

自賠責保険が強制加入の理由

生命保険や火災保険など一部の保険では、住宅ローンを借りることを条件にそれらの保険に強制加入させられることがありますが、一般的には強制加入が必要な保険はありません。

しかし、自動車を所有する全ての人は、自賠責保険に強制加入させられます。その理由は、車を運転すると事故を100%回避することが不可能で、さらに、自動車事故では自分自身だけではなく他人を死亡させたり、大きな傷害を負わせたりする可能性が高いからです。

そして、加害者に経済的な余裕が無くても、被害者に最低限の補償ができるようにしなければならないからです。そのため車を所有すれば、強制的に保険に加入しなければならないことが法律で義務付けられています。

ただし、その補償範囲と補償額は、すべての被害者・加害者に十分ではないので、不足分をカバーするために任意保険があります。

関連ページ・自賠責保険の補償範囲

一般的に「自動車保険」というと、任意保険のことを指す場合が多いです。

当サイトは、任意保険を詳しく解説しています!

任意加入保険がある理由

交通事故

強制保険(自賠責保険)は、人身事故に対してのみ支払われます。被害者1人に対する保障額は死亡の場合で最大3000万円、傷害では最大120万円、後遺障害が残ると最大で4000万円までの補償になっています。

自賠責保険の補償限度額
死亡事故3000万円
重度後遺障害4000万円
ケガ120万円

過去の裁判の判例では1億円を超える賠償額の判例も多くあり、物損でも数百万円を超える事故も起きることから、自賠責保険だけでは十分な補償をすることは難しい場合があります。

そのため、補償しなければならない金額が強制保険の最大補償額を超えると、その差額は加害者の負担になり、物損や自分自身の死亡や傷害は補償されないなど、自賠責保険だけでは補償金額と補償範囲が十分ではありません。

被害者のみならず事故起こした本人も不幸にならないように、自賠責保険にプラスして任意保険に加入することは車を運転する者の義務と言っても過言ではありません。

関連ページ・任意保険の種類と補償内容

下へ

自動車保険の一括見積もりは、保険料が平均25,000円安くなります。

「自動車保険一括見積りサービス」の中でもお勧めはズバット自動車保険比較です。無料で最大19の大手保険会社のサービスや保険料を一覧で比較できます。各保険会社それぞれの資料を調べる手間が省けて、一番お得な任意保険を選べます。

info自動車保険の一括見積りはこちら

保険会社一覧

ページの先頭へ