中古車の査定は加点ではなく「減点方式」

車が査定されるとき、その車種の「標準状態」と「査定車の状態」を比較することで、査定価格が決定されます。日本自動車査定協会が定義している「標準状態」6項目あります。ここでは標準状態について掘り下げて解説します。

(注)あくまでも日本自動車査定協会が提唱している加点・減点法で、公正な査定を広めるための基準ですが、実際の査定士の審査は、それぞれ経験則による個性があるのが現状のようです。また、どちらかというと減点法に偏っています。

標準状態6項目

  1. 内装・外装の状態が無傷
  2. エンジン・足回りが良好で、走行に支障がない
  3. 車検が残り3ヵ月以内
  4. 走行距離が標準的
  5. タイヤの残り溝が1.6mm以上(スリップサインが出ていない)
  6. 事故修復歴なし・マイナス要因(腐食・臭い)なし・改造していない
基本的に上記の「標準状態」から加点・減点するシステムによって査定されます。

買取業者・ディーラーの方針によって若干の評価の違いがありますが、基本的に査定時は以下のように加点・減点で評価されます。実際の「買取り・下取り」の査定は、その車種の人気度や状態、会社の経営方針などがより重要な要素になります。

車両の状態車両価値
内装・外装電装エンジン・足回り装備品タイヤ溝走行距離車検残り自賠責修復歴
特殊形状
特殊損傷
加点綺麗良好良好良好深い少ない4ヵ月以上3ヵ月以上
0標準状態(車体の中古車相場価格)
減点汚い不具合悪い悪い浅い過走行

  • 5年経った車で走行距離が5万キロ以下であれば加点、また6万キロなら減点されます。
  • ボンネット・ドア等に凹みがあった場合は、凹みの大きさで減点されます。
  • 日頃のメンテナンスの行き届いている良質車は、加点ポイントになります。

関連ページ・
査定前にボディの傷は直した方がよい?
車内にニオイのついた車の減点方法


実際の査定は感覚的に車の異常を見つけ出す

毎日何台もの車を観察して査定士は経験値を積み重ねています。ドアの締まり具合、ウォーターポンプの異常や、タイミングベルトの擦れ、エンジンの異常などは、「音」や「ハンドル・ペダルから伝わる振動」など感覚的な診断で判断します。*余談ですが、車種によっては、ドアを閉じる音は設計士によって計算されているそうです。

車の回りを一周しながら、足回りのバランスや、ボディの曲線に異常がないかなど直感的に判断で査定されます。

info中古車買取店によって12万円差、35万円差の違いがありました。

これは弊サイトが同席した2件の一括査定の例です。どうしても査定価格は中古車買取店によってバラツキます。車を高額売却するためには、3社以上の買取店に査定を依頼するのがベストです。「車の一括査定サイト」でお勧めはかんたん車査定ガイドです。1回のデータ入力作業で、各社の概算価格がわかります。全国どこでも無料でご利用できます。

info車の一括査定はこちらから

ページの先頭へ