車の一括査定は何社に査定を依頼するべきか?

弊サイトでは「一括査定で3社から査定を受ける」ことをおすすめします。例えば、2社だけに査定を依頼すると「買取業者同士で競合させる」「車の適正価格を知る」ことができません。3社以上から査定を受けることで、一括査定を利用する本来の価値があります。

何社から査定する?

3社の査定員さんをあなたの目の前で「競合させる」必要はありません。買取業者はライバルが増えると非常に焦ります。この焦りが競合心を煽ります。さらに、買取業者は査定する順番を大変気にします。

訪問してくる買取業者の査定員さんは「すでに何社から査定を受けましたか?」「あと何社から査定を受けますか?」と必ず最初に質問してきます。

info車を高く売るための一括査定はこちら

買取業者が「競合する心理」

査定で訪問に来る中古車買取業者の心理はこのようなイメージです。

  • 「自分が査定した後に他社も査定しに来る」と考えている。
  • 「3社競合だと買取れるチャンスは低い(33.3%)」←どこのライバル社も即決狙いでくる。
  • 「なんとしても自分が即決させたい」←今買取らないと他社に車を取られる可能性が高い。
  • 「即決はしません。3社全部の査定が終わったら決定させてもらいます」と言うと焦る。

3社から査定すると訪問に来た買取業者はこのような心理になります。とにかく買取業者は、第一に「車を買取らないと商売にならない」、第二に「ライバル店に車を渡したくない」、第三に「車をできるだけ安く買取たい」と考えます。

訪問に来る買取店の社員は若い場合が多く、どこの社員も「即決してこい」と教育されているのです。

あなたが頑固に「即決はしません」と言い張ると、はっきりした査定額を告げず「全ての査定が終わったら、一番高かった業者の金額を教えて下さい」と言う可能性があります。最高額に1万円程度色をつけて買取る腹積もりになっているということです。よくあるケースです。

全社の査定終了後に「○○は〜万円でした」と具体的に社名を出して、価格交渉するのが一番効果的です。

関連ページ・
査定のプロが教える実践交渉術!
車を高く売るコツ

3社以上の査定で車の適正価格を知ることができる

3社から査定を受ける理由は「競合させるため」以外にも意味があります。それは、手放す車の適正価格を3社以上の査定で知ることができるということです。1〜2社のみの査定で「高いor安い」の判断だと、結果的に愛車の価値を知らずに売ることになります。

売却した後に「安く売ってしまった」と後悔することもあるかも知れません。3社から受けるとおおよその適正価格を掴むことができ、納得して売却することができます。


4社以上では高く売れるチャンスも増えるが…

もちろん4社以上から査定を受けると、より高く売れるチャンスも増えますが、どうしても手間と時間がかかり大変なので、時間を調整できて根気があるならばチャレンジしてみましょう。

4社以上の査定の予約を入れて途中で業者を決定しても、残りの業者をキャンセルすれば問題ありません。買取業者は必ず訪問30分前に確認の電話をかけてくるので、そのときにキャンセルを申し出ましょう。

日程を2〜3日開ける間隔で複数査定を受けることはおすすめしません。中古車の価格は毎日変動するからです。

info中古車買取店によって12万円差、35万円差の違いがありました。

これは弊サイトが同席した2件の一括査定の例です。どうしても査定価格は中古車買取店によってバラツキます。車を高額売却するためには、3社以上の買取店に査定を依頼するのがベストです。「車の一括査定サイト」でお勧めはかんたん車査定ガイドです。1回のデータ入力作業で、各社の概算価格がわかります。全国どこでも無料でご利用できます。

info車の一括査定はこちらから

ページの先頭へ