〜最先端スポーツコンパクトカー〜

若年層でも手が届くスポーティなメルセデス・ベンツ Aクラス

Aクラスはメルセデス・ベンツのラインナップ中、もっとも小さいボディを持つ車種で、車内居住性を高めるために初めてFFを採用した2BOXハッチバックです。ただし、小さいボディといっても欧州のCセグメントに属し、BMWの1シリーズやアウディのA3、フォルクスワーゲンのゴルフなどとほぼ同サイズとなっています。


初代のコンセプトから大きく変貌した現行車

初代Aクラスはメルセデス・ベンツの企業スローガンである「最善か無か」が一時的に取り下げられて利潤追求姿勢を見せた1997年に登場しました。当初、電気自動車用に開発されたことからフロアが「サンドイッチコンセプト」と呼ばれる2重構造になっており、アンダーフロアとキャビンフロアの間にバッテリーやモーターを搭載する予定でした。

しかし電気自動車用ユニットの開発に問題が生じたことから急遽、ディーゼルエンジンやガソリンエンジンを搭載、サンドイッチコンセプト部分を空白にしたまま販売に踏み切りました。しかし構造上、重心位置がやや高くなってしまい、民間のテストで横転の危険性があると指摘されたことから販売早々にリコールが続出、数々の改良を施しましたが販売成績は伸びずメルセデス・ベンツのブランド力を下げる車種と評価されました。

3代目となる現行車は2012年に登場、2代目まで継承されたサンドイッチコンセプトを採用せず、オーソドックスなFF2BOXハッチバックタイプに設計されています。また初代ではフロントフェンダーやリアハッチにプラスチック素材を使うなどしてコストダウンを図っていましたが、3代目はCセグメントカーであってもメルセデス・ベンツらしさを打ち出すべく、上級モデルと変わらぬ材質とデザインに仕上げられています。

BMW1シリーズと主なスペックを比較

現行車Aクラスは日本発売前に、メルセデス・ベンツとしては初となるアニメのティーザー・キャンペーンが行われました。全編6分から構成される「NEXT A-Class」は近未来の東京を舞台にした物語で、日本アニメ界のトップメンバーが集結して作られています。車好きの人であれば、思わずニヤリとするオチが用意されているので興味のある人はぜひご覧ください。

このアニメはメルセデス・ベンツの購入者が比較的高齢であるため、エントリーモデルとなるAクラスで若年層を取り込み、メルセデス・ベンツ上級車の予備軍を構成するという目的で作られました。Aクラスは初代や2代目と違い、オーソドックスでありながらもエクステリアは若年層に支持を受けやすくするためにスポーティに仕上げられています。ここでは最大のライバル、BMW1シリーズと主なスペックを比較します。

メルセデス・ベンツA180BMW118i
全長×全幅×全高(mm)4300×1780×14354340×1765×1440
車両重量1430kg1430kg
エンジン型式DOHC直列4気筒ターボDOHC直列3気筒ツインターボ
排気量1.6L1.5L
トランスミッション電子制御7速AT(7G-DCT)電子制御8速AT
最高出力90kW(122PS)/5000rpm100kW(136PS)/4400rpm
最大トルク200N・m(20.4kg・m)/1250~4000rpm220N・m(22.4kg・m)/1250~4300rpm
JC08モード17.8km/L18.1km/L

スペックだけを比較するとBMWは1.5Lでありながら最高出力と最大トルク、さらに燃費効率で上回っており、加えてCセグメントでは他に例を見ない後輪駆動を採用をしているのでスポーティな走行性能はBMWの方が優位に見えます。

ただし118iは現行車から従来の直列4気筒を止めて直列3気筒を搭載しました。これはBMWの傘下企業であるMINIにも搭載されているエンジンで、1気筒当たりの排気量が多くなるので当然、振動が大きくなります。

MINIよりプレミアムモデルであるため、電子制御8速ATやバランサーで振動を軽減していますが、やはり高回転域やアイドリング時には3気筒のデメリットを感じる部分があります。多少の振動を気にせず快適に走りたいというのであれば118iでも十分に楽しめますが、滑らかな乗り心地を求めるのであればA180がお勧めです。

Cセグメント車でもメルセデス・ベンツの風格を備える

インテリアはメルセデス・ベンツすべての車種に共通するブラック基調にメタルシルバーの加飾を施したシックなデザインで、エントリーカーとは思えないほどの高級感に包まれています。シートはホールド性の高いセミバケットタイプを採用しているので運転中でも疲れを軽減してくれると同時に、スポーティな走行をしても腰がずれて不安定なポジションになる心配がありません。

またリバースギアに入れると車後方の映像をディスプレイに表示するパーキングアシストリアビューカメラが全グレードに標準装備されているので、もっともシンプルなA180でも後方視界を確保できます。

フロントマスクはメルセデス・ベンツ特有の重厚感を漂わせつつもボディサイドにキャラクターラインを入れてスポーティなデザインに仕上げています。メルセデス・ベンツには乗りたいけれど若々しさがない、と感じていた人でも十分に満足できるエクステリアといえます。

筆者の主観的所見

A180は車両本体価格が329万円と、他の輸入車に比べてもけっして高額ではありません。この価格でメルセデス・ベンツのエッセンスを体感できるのであれば優れたコストパフォーマンスを持つ車種といえます。

ただし、購入前に想定しておきたいのは消耗品や故障の際の修理費が高いということです。A180にはツインクラッチのトランスミッション、7G-DCTが装備されています。これはトルクコンバーター式のATと違って電子制御で2つのクラッチを操作するシステムで、マニュアルシフトのようにダイレクトな操作感を楽しめますが、かなり高価な部品になります。

フォルクスワーゲンのツインクラッチシステム、DSGほどの故障例は見当たりませんが、それでもストップ&ゴーが多い日本の道路で使用していると消耗が早いと言われています。一式を交換すると50〜60万円以上の出費になることを想定しておきましょう。

車査定攻略ネット
車の売りやすいタイミングや、査定のポイントなど、売りたい方必見の情報満載です。

自動車保険ガイド

「自動車保険ガイド」では、初心者の方にわかりやすく自動車保険を解説しています。

ページの先頭へ