自動車税&重量税の還付金早見表〜買取の場合は?

このページでは、前半の自動車税の解説&還付金早見表と、後半に自動車重量税の還付のセクションがあります。
廃車したときに還付金が発生するのは以下の3つです。

  • 自動車税
  • 自動車重量税
  • 自賠責保険
このページと、自賠責保険解約の返戻金のページをあわせてお読み下さると、廃車登録で発生する全ての還付金の詳細を知ることができます。

自動車税の還付金早見表

自動車税は、毎年4月1日時点の車の所有者に対して、4月1日から翌年3月までの1年分がまとめて課税されます。毎年5月に納税通知書が届くようになっています。基本的に、自動車税の還付金は廃車(永久抹消・一時抹消)にしたときに、各都道府県の税務署から支払われます。

買取店で車を売却すると自動車税の残存期間分は支払われるのか?

基本的に、ほとんどの買取店では「自動車税の残存分は買取額の中に含まれる」契約内容になっています。車の売却時に自動車税の還付金を別途で支払う買取店もあるようですが、車の売却の決め手になるのは買取総額になるので買取店からの「還付金ある・なし」は、全くアピールポイントにならないと考えてよいでしょう。

買取店に売却するときの注意点
所有者の移転登録が4月2日以降になる場合、新年度分の納税通知は4月1日時点の(前の)所有者に郵送されてしまいます。4月2日以降に車を売る予定でも、税金は納めなければいけません。

売却後の自動車税の取り扱いを買取業者に確認するように注意しましょう。車の売却時に自動車税の説明を受けることになっていますが、説明がない場合は必ず質問しましょう。

info車を高く売るための査定はこちら

例えば、トヨタ・プリウス(排気量1,797cc)を7月に抹消(廃車)手続きが完了した場合、各都道府県の自動車税事務所から26,300円の還付があります。*軽自動車(軽自動車税)は、抹消登録しても自動車税の還付はありません。

排気量年税額4月5月6月7月8月
1000cc以下29,50027,00024,50022,10019,60017,200
1001~1500cc34,50031,60028,70025,80023,00020,100
1501~2000cc39,50036,20032,90029,60026,30023,000
2001~2500cc45,00041,20037,50033,70030,00026,200
2501~3000cc51,00046,70042,50038,20034,00029,700
3001~3500cc58,00053,10048,30043,50038,60033,800
3501~4000cc66,50060,90055,40049,80044,30038,700
4001~4500cc76,50070,10063,70057,30051,00044,600
4501~6000cc88,00080,60073,30066,00058,60051,300
6000cc以上111,000101,70092,50083,20074,00064,700
軽自動車7,200
軽商用車4,000
排気量9月10月11月12月1月2月
1000cc以下14,70012,2009,8007,3004,9002,400
1001~1500cc17,20014,30011,5008,6005,7002,800
1501~2000cc19,70016,40013,1009,8006,5003,200
2001~2500cc22,50018,70015,00011,2007,5003,700
2501~3000cc25,50021,20017,00012,7008,5004,200
3001~3500cc29,00024,10019,30014,5009,6004,800
3501~4000cc33,20027,70022,10016,60011,0005,500
4001~4500cc38,20031,80025,50019,10012,7006,300
4501~6000cc44,00036,60029,30022,00014,6007,300
6000cc以上55,50046,20037,00027,70018,5009,200
軽自動車
軽商用車

自動車重量税の還付金早見表

自動車重量税は、新車購入時か車検毎に納付するものです。車検が1ヶ月以上残っている車を廃車(登録抹消)にした場合のみ、残りの期間に応じて還付金を各都道府県の自動車税事務所で受け取ることができます。

一般的に、重量税は車検の法定費用の一部なので、車を買取店などに売却する場合は還付されません。車検の残存期間分(重量税の残り)が、そのまま車の価値として売却額に計上されているということになります。

例えば、ホンダ・フィット(排気量1,300cc)は、車両重量1.0t~1.5tなので、残りの車検期間が8ヶ月の場合は、国税局から12,600円の還付があります。

残りの
車検期間
軽自動車1t以下1.0t超~1.5t以下1.5t超~2.0t以下2.0t超~2.5t以下2.5t超~3.0t以下
1ヶ月3671,0501,5752,1002,6253,150
2ヶ月7342,1003,1504,2005,2506,300
3ヶ月1,1003,1504,7256,3007,8759,450
4ヶ月1,4674,2006,3008,40010,50012,600
5ヶ月1,8345,2507,87510,50013,12515,750
6ヶ月2,2006,3009,45012,60015,75018,900
7ヶ月2,5677,35011,02514,70018,37522,050
8ヶ月2,9348,40012,60016,80021,00025,200
9ヶ月3,3009,45014,17518,90023,62528,350
10ヶ月3,66710,50015,75021,00026,25031,500
11ヶ月4,03411,55017,32523,10028,87534,650
12ヶ月4,40012,60018,90025,20031,50037,800
13ヶ月4,76713,65020,47527,30034,12540,950
14ヶ月5,13414,70022,05029,40036,75044,100
15ヶ月5,50015,75023,62531,50039,37547,250
16ヶ月5,86716,80025,20033,60042,00050,400
17ヶ月6,23417,85026,77535,70044,62553,550
18ヶ月6,60018,90028,35037,80047,25056,700
19ヶ月6,96719,95029,92539,90049,87559,850
20ヶ月7,33421,00031,50042,00052,50063,000
21ヶ月7,70022,05033,07544,10055,12566,150
22ヶ月8,06723,10034,65046,20057,75069,300
23ヶ月8,43424,15036,22548,30060,37572,450
24ヶ月8,80025,20037,80050,40063,00075,600

関連ページ・
新車登録から13年以上の自動車は税金が上がる

下へ

info2019年10月現在でおすすめする
2つの車買取サービス

1番のおすすめは、ガリバーやカーセブンなど大手が登録している「車の一括査定サイト」のかんたん車査定ガイドです。一番高額売却が期待できるサービスです。

査定価格は買取店によってバラつくので、合計3社以上の買取店から査定を受けるのがベストです。査定を受けずにオンラインで概算価格(おおよその価格)を調べるだけでもOKです。全国無料。

infoかんたん車査定ガイドの
一括査定はこちら

買い取り店一覧

2番目におすすめするサービスは、ユーカーパックです。こちらは比較的新しい買取サービスで一括査定ではありません。一度の査定を受けて、全国の買取業社(最大5000社)がオークション形式であなたの車を入札していく仕組みです。

たくさん電話がかかってくることはありません。こちらも概算価格を調べるだけでもOKです。全国無料。

infoユーカーパックの無料査定はこちら

かんたん車査定ガイド&ユーカーパック2社のコンビネーションがおすすめです。

ページの先頭へ