廃車手続きの方法

廃車手続は正式には「抹消登録」と呼びます。

一時抹消登録永久抹消登録の2種類があります。
完全廃車までには、2通りの流れがあります。

  • 一時抹消登録(税金を止める)→解体→永久抹消登録
  • 解体→永久抹消登録

一時抹消登録・永久抹消登録

スクラップ

一時抹消登録は、一時的に使用を停止する目的で利用され、再度車検を受けるとまたその車を使用できるようになりますが、一時抹消の時点で車検切れになるので注意が必要です。

永久抹消登録をすると、文字通り車は復活できなくなります。登録には車両の解体がすでに完了している必要があります。

4月1日以降に車を所有していると、5月に自動車税の納税通知が送られることになるので、「一時抹消登録・永久抹消登録」は3月までに手続きを済ませましょう*解体〜永久抹消登録手続きまでには、1週間〜1ヵ月かかります

一時抹消登録

簡単にいえば、「ナンバー無し」の状態にすることで、所有権はそのままになります。長期的に車を利用しない際(主に、車検切れ・とりあえず手元に置いておきたい場合、例海外出張・長期入院・単身赴任)に利用されます。当然、登録中は自動車税の課税・車検の義務が無くなります。また、登録中の車の車庫証明は必要ありません。

永久抹消登録

事故に遭い大破、何らかの理由で車の使用を断念する場合。車を永久抹消するには、まず解体業者に解体を依頼しなければいけません。また、軽自動車では「永久抹消」ではなく「返納」と呼ばれ、手続きは運輸支局ではなく軽自動車検査協会で行います。


還付金(払戻し金)があるもの

「永久抹消・一時抹消」手続きをすると4月を基準に税金が月割りで還付されます。また、車検の残りがある場合、自賠責保険は中途解約後に中断証明書の交付を受けると残りが返金されます。また、永久抹消した場合は車検残り分の重量税も返金されます。

Q&A

自動車税未納の車両でも「抹消手続き」ができるのか?
基本的に毎年5月に届く自動車税の納税通知を払わないと抹消手続きは行えませんが、実際は未納でも可能です。その場合、もちろん滞納分は納税義務者に事後納付として請求されます。自動車税は5月に前払いする形になるので、上記のように廃車後は月割りで返っています。

解体業者が解体したのは確認できる?
解体業者が、解体を完了すると、運輸支局のデータベースに登録されます。解体終了は、自動車リサイクルシステムのホームページで確認できます。

一時抹消登録した車の車庫証明は必要か?
車庫証明は不要ですが「車を放置できる」という意味ではありません。放置すると車庫法(保管場所法)の違反になります。

でも、ちょっと待って!

廃車手続きよりも…ほとんどの中古車買取店は、事故車・不動車など廃車にする車を高く買取ってくれますよ。
たとえ車検が切れた廃車目前の車でも、中古車買取専門店に売却した方が煩わしい手続きもなく、手元にお金が残り、おすすめです。

詳しくは不動車の買い取りのページへ!

info廃車を買取業者に売るときの注意点

廃車寸前の車を売りたい場合は、車の現在の状態によって査定できる業者が異なります。特に買取価格幅が広くなる不動車は安く売ってしまわないように、条件に合った査定サイトを利用しましょう。


①現在は走行可能できる車の場合は、弊サイトがおすすめする車査定サイト「ユーカーパック」に依頼しましょう。高額買取が期待できます。有名大手買取店が登録していますが、ほとんどは走行不能車を扱いません。

infoユーカーパックの無料査定はこちら


②走行不可能・大がかりな修理が必要な車の場合は、「廃車本舗」の査定に依頼しましょう。「廃車本舗」は事故車や廃車専門の買取業者です。どんな状態のクルマでも迅速に対応してもらうことができ、高額買取りが期待できます。廃車手続きが必要な場合でも無料で代行してくれます。

info廃車本舗の無料査定はこちら

ページの先頭へ