修復歴車・事故車の定義

事故車って、一度事故ってる自動車ってこと??
安易に「事故車=修復歴車」と説明することがあります。

しかし、車の査定で問題になる「修復歴車」とは「事故に遭ったことがある車」のことではありません。
事故車とは、その言葉では「事故を起こした・起こされた車」という意味になりますが、修復歴車の定義は若干異なります。実際に事故を起こしているのに、修復歴車に該当しないケースもあります。また、修復歴と修理歴では意味が異なります。

では、自動車の売買で一番問題視される修復歴車の定義を説明しましょう。

  • 事故歴・・・事故・災害などに遭った経歴
  • 修復歴・・・骨格部が損傷して、修正や交換をした経歴(日本自動車査定協会が定義)
  • 修理歴・・・特定した部位なしに、修理した経歴

info車を高く売るための一括査定はこちら


修復歴車の定義

この修復歴車の基準は1997年に自動車公正取引協議会日本自動車査定協会日本中古自動車販売協会連合会自動車販売協会連合会が中心になって定められました。修復歴車は事故歴の有無に関わらず、骨格(フレーム)部の交換・修復(修正・補修)した車両のことを指します。

注意点です!

基本的に、ボディから外側の部分は、修理・交換しても修復歴車には該当しません。
事故車の定義

①フレーム (サイドメンバー)
②フロントクロスメンバー
③フロントインサイドパネル
④ピラー
⑤ダッシュパネル

⑥ルーフパネル
⑦ルームフロアパネル
⑧トランクフロアパネル
⑨ラジエータコアサポート


①〜⑧の骨格・フレーム部に損傷があるものや、修理した跡があるものは修復歴になります。(ボルト部分は骨格に含まれません)

⑨は交換されていて、隣接するフレーム部に「凹み・曲がり」や修理の跡があるものが修復歴となります。また、一部の車種は⑨の交換は修復歴にはなりません。

具体的な検査としては、

  • フレーム修正機の使用跡はないか
  • ヒンジ・シール剤は新しくなっていないか
  • 工具を使用した形跡はないか

などをチェックします。

ポイントは、上の図での箇所以外の、全ての部品を修復・交換しても修復歴にはならないということです。

また、上記の箇所を修復しなければいけない状態なのに、修復されていない車はNGです。
修復歴車の定義は度々改変されています。

修復歴車に該当しない例

骨格部がらボルトで外れるものは交換しても修復歴にはなりません。

  • エンジンの交換・載せ替え
  • バンパー・フロントフェンダーの交換
  • フロント・リアウインドウの交換
  • ドアの交換
  • ボディの全塗装・部分塗装・カスタムペイント
修復歴車って、バレますか?
詳しくは、修復歴車の告知義務のページで!

関連ページ・
事故車を買取に出す場合

車体の骨格(修復歴車の問題)

モノコック構造

自動車のほとんどは、モノコック構造でフレームとボディが一体になっています。モノコック構造の特徴は、パーツ全体の組み合わせで、強度を保つようになっています。

画像のように、点と線(骨格と溶接)の構造で組まれているため、ある方向から衝撃を受けると、連鎖的に車両全体に影響して変形してしまいます。

モノコック構造は、軽量で衝突時のエネルギーの吸収性に優れる反面、変形しやすいのが欠点です。例えば、追突事故などで骨格部の一部が破損したとして、その部分を完全に修復しても、車体自体が歪んでしまっている可能性があります。修復歴車の典型的な悪い例では、まっすぐ走行しない、乗り心地の違和感、ドアの閉まりの悪さ等が挙げられます。事故車はミリ単位で車体全体を修正する必要があります。

修復車で一番多いのはフロント部分

上記9箇所で、修復歴で一番多いケースは「正面衝突・追突」などによるフロント部の損傷です。続いて「もらい事故」による後部・側面からの追突です。


info中古車買取店によって12万円差、35万円差の違いがありました。

これは弊サイトが同席した2件の一括査定の例です。どうしても査定価格は中古車買取店によってバラツキます。車を高額売却するためには、3社以上の買取店に査定を依頼するのがベストです。「車の一括査定サイト」でお勧めはかんたん車査定ガイドです。1回のデータ入力作業で、各社の概算価格がわかります。もちろん無料でご利用できます。

info車の一括査定はこちらから

ページの先頭へ