「事故」の記事一覧

飲酒運転による死亡事故件数の推移〜行政処分の強化の歴史

1997〜2017年の飲酒運転による事故件数と死亡事故件数の推移です。過去に起きた2つの飲酒事故がきっかけになり、事故件数は7分の1に、死亡事故件数は6分の1と大幅に減少しています。2つの飲酒事故と行政処分が強化されてきた流れを説明します。

高齢ドライバー〜運転免許保有者数・死亡事故件数・免許返納件数の各推移

国内総人口は1億2649万人で、後期高齢者は全体の14.1%を占めています。近年、高齢者ドライバーによる事故のニュースが目立っています。総務省統計局と警察庁のデータをもとに後期高齢者(75歳以上)に絞った高齢ドライバーの現状を調べました。

見通しの良い交差点でも衝突事故が起きるコリジョンコース現象とは

見通しの良い道路がほぼ直角に交差する交差点で出会い頭に起こる衝突事故は、「田園型交通事故」または「十勝型交通事故」と呼ばれます。非常に多い死亡事故がなぜ見通しが良いにもかかわらず起こるのかについて説明します。

高速道路〜逆走事故件数の分析と過失割合

危険な逆走車であっても、事故が起きた状況によっては対向車にも過失が発生する場合があります。どのようなケースで対向車にも過失が発生するのか、万が一にも事故が起きた場合、過失をゼロにするにはどうしたら良いのかを説明します。

スピード違反が原因で起こる交通事故は意外に少ない

事故原因のなかでスピード違反が占める割合は思ったほど高くないことをご存じですか?これを知ると持参な事故を防ぐという目的よりも、単にスピード違反を違反という目的だけで検挙していることが腹立たしく思えてきます。事故原因のランキングについて紹介します。

幼児の交通事故で最も多いのは自動車乗車中

実は、幼児が交通事故にあうのは、約7割が自動車乗車中です。そこで、幼児の自動車乗車中の死傷事故が多い理由と幼児の死傷事故が起きたときのドライバーの特徴について紹介します。

ハイドロプレーニング現象で起きた事故の責任はどうなる?

ハイドロプレーニング現象が起こる理由や起きたときの事故の過失責任、およびハイドロプレーニング現象になったとき、できるだけ被害を小さくする方法について説明します

運転中の発作事故は年平均250件〜事故の防止策はあるか?

運転中におきる突然の健康障害の防止、そして最悪でも交通事故を起こさないようにするには、何か対策があるのか、どのような点に注意すれば防止できるのかについて考えてみたいと思います。

高齢者に多いブレーキの踏み間違い事故データを調査〜原因と対策

高齢者がアクセルとブレーキを踏み間違えて、急発進や急加速して店舗や民家などへ飛び込む事故が多発しています。踏み間違いの事故の原因や防止策について紹介します。

駐車場の事故は全体の3分の1〜事故を防止する方法

全事故件数に占める駐車場など道路以外で起きた事故は約3分の1もあります。駐車場内での事故が多い理由や駐車場内での事故を減らすポイントについて解説します。

ページの先頭へ