無保険車傷害保険

車との交通事故で死亡したり、傷害を負ったりすると最低限の補償として、相手の自賠責保険から最低限の補償を得ることができます。
普通は、これだけでは不十分なので対人賠償保険に加入しますが、加入率は約70%強で未加入の車がまだ多いのが現実です。

しかも、相手が加入していても補償額が不十分で、十分な補償を得られない可能性もあります。
そのような時に加入しておくと、より多くの補償を受けられるのが無保険車保険です。

*物損に対しては無保険車保険では補償されません(自賠責保険からも補償されません)

無保険車傷害保険の補償範囲

無保険車傷害保険(=無保険車保険)で補償されるのは、死亡や後遺症が残るような大きな障害に対してのみです。つまり、傷害を負っても完治するような傷害は補償されません。任意保険未加入だと、自賠責保険の最大120万円までの補償しか受けられません。更に、後遺障害が残るような傷害では、仕事をしていた場合は休職や休業せざるを得なくなる可能性が高いですが、無保険車保険では休業補償はされません。

補償額は、自分の任意保険で契約している対人賠償保険と同じ額(無制限に加入している場合は最大で2億円)になります。保険会社によっては最初から無保険車保険が特約で付いていることがあります。

無保険車とは?

無保険車に該当するのは任意保険未加入車だけでなく、加入していても補償金が支払われる条件を運転手が満たしていない場合や、任意保険に加入しているかもしれないが「ひき逃げ・当て逃げ」で相手車両が特定できない場合や、加入しているが補償額が少ない場合になります。これらの時に、無保険車保険に加入していると補償金を受け取ることができます。

また、「相手車両が自賠責保険さえ加入していなく、かつ支払う経済力がない」という最悪のケースもあります。この場合と「ひき逃げ・当て逃げ」は、国の政府保障事業制度から補償を受けることができます。

補償内容は、自賠責保険に補償額は準じていますが、「仮渡金・内払金の請求ができない」「過失割合が自賠責より厳しく適用される」「自由診療は一部の費用しか認められない」など、自賠責保険より厳しい内容になっています。

無保険になっている場合は注意

自賠責保険未加入車両を運転すれば、事故を起こさなくても1年以下の懲役または50万円以下の罰金で、同時に免許停止処分になります。

無保険の場合は、車検を受ける費用さえももないかもしれません。「事故を起こしたら補償できる経済的余裕がない」ので、罰則が軽いと考えられています。

下へ

自動車保険の一括見積もりは、保険料が平均25,000円安くなります。

「自動車保険一括見積りサービス」の中でもお勧めは保険スクエアbang!です。無料で最大17の大手保険会社のサービスや保険料を一覧で比較できます。各保険会社それぞれの資料を調べる手間が省けて、一番お得な任意保険を選べます。

info自動車保険の一括見積りはこちら

保険会社一覧

ページの先頭へ