信頼できる中古車販売店を見極める方法


中古車販売店

安心の中古車選びは信頼できる中古車販売店を選ぶことが定石です。中古車は新車と違い、使用歴があるので販売されている車種は玉石混交となっているため、どれほど欲しい中古車があっても販売店が信頼できなければ購入を後悔する事態に陥ることがあります。

安心できる中古車選びのための、信頼できる中古車販売店の見分け方を紹介しましょう。

中古車販売店の形態と特徴

欲しい車種が具体的に決まっている場合と、欲しいカテゴリーは決まっているけれど車種は比較して見たい場合では訪店する販売店が変わってきます。まずは中古車販売店の形態と特徴を紹介するので、自分に合ったタイプを選んでください。

ディーラー系認定中古車販売店

各メーカーが直営、またはディーラーが運営している中古車販売店です。輸入車ディーラーが下取りした車種を整備、ディーラー認定の安心できる中古車を販売したことから拡がりを見せた形態で、現在は国産メーカーも認定制度を取り入れて販売しています。

国産車ディーラー系列では自社車種だけでなく他社車種も扱っており、大型店舗であれば豊富な車数が揃っているので好みの1台を探すことができます。欲しいカテゴリーだけが決まっている人には最適な中古車販売店といえるでしょう。

またディーラー系列のため接客態度も良く、中古車の整備状況も良好なことに加え、故障の修理や点検を中古車販売店だけでなくディーラーで受けられるのも大きなメリットです。ただし、一般的な中古車販売店に比べて若干、相場価格が高く、店舗数が少ないので
地域によっては遠方になり、交通の便が悪くなる場合があります。

チェーン型中古車販売店

一般的な中古車販売店の中でも、各地に同ブランドの店舗を構える大・中規模販売店です。店舗そのものは小さくても、母体が大きいので車種の在庫を多く抱えているため、ディーラー系認定中古車と同じく豊富な車数から選ぶことができます。

また大規模チェーン店になるほど中古車ニーズの独自情報を持っているため、売れ筋車種を大量に仕入れることから販売価格が相場よりも若干、安くなっていることがひとつの特徴です。

ただし、たとえ全国チェーンの販売店であっても実際は直営ではなくフランチャイズ制を取っているので、店舗の質にバラつきがあります。信頼できる店舗の見極めがもっとも大切な形態といえるでしょう。

単独経営販売店

地域に密着している、あるいは専門の車種だけを扱っている小・中規模販売店です。どちらの形態にしても販売対象となるユーザーは不特定多数よりもリピーターやリピーターの紹介、あるいは口コミなどによって訪れる客が多いので、そういった客層に安心できない車種を販売すると一気に悪評が広まるため、信頼性に重点を置いている店舗が比較的多くあります。

購入する車種が具体的に決まっている人に向いている形態で、たとえ店舗に決めている車種がなくてもリクエストすればオートオークションや独自のルートで揃えてくれることも可能です。また購入した中古車の故障や点検に対しても速やかに対処してくれるのもメリットでしょう。

信頼できる中古車販売店を選ぶためのチェックすべき項目

どの形態の販売店でも購入を避けた方が賢明な店舗があります。安心できる中古車とは車種が整備されているだけでなく、購入にかかる費用が明確であることや故障した際の修理、さらにアフターサービスも含まれます。信頼できる販売店の見分け方は基本的に同じなので、以下のチェックポイントを参考にしてください。

店舗対応が誠実であること

欲しい車種が決まっている場合は販売店へその車種を見るために出かける必要があります。その際、電話連絡を入れておくのがマナーとなりますが、その電話を受けて店舗側が指定された車種を見やすい位置に置き換えたり、清掃を行なって購入希望者がチェックしやすいようにしたり、と配慮が行き届いていれば対応が誠実である可能性は高くなります。

展示車両はいつでもエンジンがかけられる状態になっている

車の購入は試乗するのがベストです。しかし中古車の場合、車検切れと保険未加入である車種が多いので試乗できる車種は限られています。だからといって展示してある車種を見ただけで購入するのはリスクが大きすぎます。最低限、エンジンをかけて異常がないことを確認したいのですが、販売店の中には展示してありながらエンジンの始動を断るところもあります。

入庫して間もないので整備が終わっていない、長く展示しているのでバッテリーを外している、などの理由が見受けられますが、やはり購入前の状態が分からなければ安心して購入することはできません。展示車両の試乗は無理でも、エンジンをかけて細部がチェックできるような販売店を選びましょう。

諸費用が適正価格であること

車両価格は安いのに、乗り出し価格(総費用)を見ると意外に高くなってしまった、というのは中古車でよくあるケースです。車両価格に上乗せされる諸費用の高さがその理由で、諸費用は販売店によって異なります。購入車種の見積書を依頼すると諸費用の項目があるので必ず確認してください。店舗によっては下取り費用や登録代行手数料、車庫証明取得代行手数料などで相場よりも高い金額に設定しているところがあります。諸費用が適正価格より大幅に上回っている販売店であれば注意した方がいでしょう。

販売店が提携しているローンの金利が相場以下であること

中古車販売店もディーラーと同じように、ファイナンス会社と独自契約を結んでいます。ローンで購入する場合、販売店側は提携ファイナンスのローンを勧めますが、その金利を必ず確かめてください。現在、自動車ローンの金利は5〜6%が相場となっています。

これ以上の金利になると最終的な支払額が大きくなり、中古車を購入するメリットが薄くなります。高い金利はその分、販売店へのキャッシュバックとなるので、金利も値下げ交渉の対象とすることは可能ですが、車欲しさの足元を見て高い金利のローンを勧めるような販売店は避けた方が賢明です。

販売店独自の保証制度があること

中古車の購入で誰でも思うのが故障という不安です。ディーラー系認定中古車販売店は走行距離や年式に応じて無償の保証をつけている他、保証期間を延長できる有償の保証も用意しています。保証に関してはどうしても大手が有利となりますが、小規模販売店や専門店販売店でも独自の保証制度を設けているところがあります。

安心できる中古車を購入するならば保証制度が用意してある販売店を選ぶことが重要です。その際、無償や有償に関わらず、保証の内容がどのようになっているか、しっかりと確認してください。有償であっても他販売店の無償と変わらぬような内容であれば、その販売店の信頼性はけっして高くないといえるでしょう。

関連ページ・
優秀な中古車営業マンとは

ページの先頭へ