軽自動車の買取価格は高い

軽自動車は新車販売全体の4割を占め、消費増税後も販売は順調で、今後も需要の増加が予想されています。また、2014年の中古軽自動車の販売台数は過去最高を更新し、中古車販売台数の45.2%を占めました。2016年には、軽自動車を主力とするスズキが初めて登録車の販売台数が10万台を超え、2017年の新車販売台数はホンダの軽自動車N-BOXが乗用車・軽自動車の総合で1位になりました。

近年では、ガリバー等の大手買取店も軽自動車専門販売店をオープンさせ、出店数の増加を目指して本格的に展開しています。

一昔前は「軽でもいいか」だったのが、今では「軽がいい」とユーザーの意識も変化しました。
以前は高級車にだけ装備されていた機能も備わってきました。どの自動車メーカーも、軽自動車市場を狙っているといわれています。

info軽自動車を高く売るための一括査定はこちら

買取業者から好まれる軽自動車

ダイハツムーヴ

中古車販売店にとって軽自動車は低価格商品ですが、特に中古車市場で非常に人気が高いので「売りやすく利益率が高い」と買取業者から好まれています。

軽自動車は地方ほど需要が高い傾向があります。低価格・低燃費・安い税金・車検が安い・環境にやさしい等の理由で人気の軽自動車ですが、今後も女性や高齢のユーザーがますます増えると考えられていて、中古車市場も力を入れています。

2014年の軽自動車中古車販売台数は過去最高

2014年 軽自動車の中古車販売台数(前年比)
スズキ987,128台(100.1%)
ダイハツ929,223台(106.1%)
三菱306,187台(96.4%)
富士重193,324台(95.3%)
ホンダ444,998台(105.3%)
マツダ79,906台(100.4%)
日産143,380台(124.6%)
トヨタ2,907台(177.5%)
スマート1,502台(102.2%)
その他86台(54.4%)
合計3,088,641台(102.9%)
参考・全国軽自動車協会連合会

2014年の軽自動車中古車販売台数は、前年比2.9%増の308万8641台になり、4年連続プラス成長で、8年ぶりに過去最高を記録しました。(新車販売も227万2790台で記録更新)

スズキワゴンR

中古車販売でも軽自動車がランキング上位を占めています。スズキ「ワゴンR」・ダイハツ「ムーヴ」・ダイハツ「タント」などは特に人気の車種で、中古車の買取台数&販売台数ともに長期間トップ10入りしています。

関連ページ・
メーカー別軽自動車の特徴


info中古車買取店によって12万円差、35万円差の違いがありました。

これは弊サイトが同席した2件の一括査定の例です。どうしても査定価格は中古車買取店によってバラツキます。車を高額売却するためには、3社以上の買取店に査定を依頼するのがベストです。「車の一括査定サイト」でお勧めはかんたん車査定ガイドです。1回のデータ入力作業で、各社の概算価格がわかります。全国どこでも無料でご利用できます。

info車の一括査定はこちらから

ページの先頭へ