修理しないで補償金をもらう方法

事故で車に傷が付いても「小さくて目立たない」「これを機会に車を買い替えるので修理をしない」等の事情で、補償金だけ受け取りたいことがあります。
また、相手に100%の過失がないと、自分の過失分は自己負担しなければいけないので、「ある程度の傷なら我慢しよう」と思うこともあるでしょう。

「補償金請求」を誤解していませんか?

このようなとき、車の修理をしないで補償金だけを貰うのは実際の修理費用が発生していないので「補償金の請求はできない」と誤解する方もいますが、修理をしなくても全く問題なく補償金を受け取ることができます。

車に損害が発生している以上、保険会社はその損害額を過失を相殺して補償する義務があるからです。そして、その補償金をどのような用途に使用するかを保険会社は問いません。車以外の費用に利用しても保険会社は何もいいません。

ただ、「車の修理をする・しない」を決めかねて、いつまでも放置していると保険会社は「早く修理して欲しい」と要求することがあります。これは修理をしなければ補償金を支払わないという意味ではなく「早く修理をする・しない」を決めて欲しいという意味です。保険会社も保険金支払い事案が理由もなくいつまでも片付かないのは中途半端で困るからです。

修理費と補償金の差額を利益にしたい

保険の修理費用の見積もりは、実際の修理費より高額になるのがが一般的です。
この差額を自分の利益にしたければ、修理工場に保険会社に見積もりを依頼していることを伝え、保険会社からの修理見積金額の提示を受けましょう。

そして、その時に保険会社には修理費を自分の銀行口座に振り込むように依頼します。

自分の儲けにするコツ

このとき、何の説明なしに「修理をお願いします」と保険会社にいうと、保険会社は本来であれば保険契約者に修理金額を支払うのが契約上の義務のはずですが、修理工場にその見積金額を支払うのが一般的になっている場合もあるようです。

全ての保険会社ではないかもしれませんが、これは保険契約人が保険会社から受け取った金額を修理工場に振り込む手間を省くサービスをしているつもりなのかもしれません。あるいは、修理工場の実際の修理費支払うことで、自分たちの経費を浮かせようとしているのかもしれません。

これでは、もし保険会社の見積金額で修理費を修理工場に支払っていると、修理費の差額は修理工場の儲けになってしまいます。逆に、保険会社が修理工場の修理金額で支払っていると修理差額は保険会社が得をしていることになります。これでは、事故に遭って不便さを強いられている保険利用者にはメリットが無くなります。

そこで、保険会社から見積金額の連絡を受けたら、その時点で修理工場に修理費の見積もりを出してもらいます。それで安ければ依頼し、同じ程度であれば、別の安い修理工場で直したいと言えば修理工場も自分のところで修理したいのでディスカウントしてくれる可能性が高くなります。

また、修理工場としても車の保管などの手間がかかっているので、できればそこで修理をしてもらう方がお互いの関係は良いものになります。
「少しでも利益を大きくしたい」と、あまり強く考えない方がよいかもしれません。

加害者が「超過修理費特約」に加入している場合

質問

先日事故の被害者側になりました。過失割合は2対8となりました。

車の修理見積額は49万円で時価額が13万円でしたので全損扱いでしたが、相手の保険が修理を選択した場合に時価額との超過分を満額50万円まで支払える内容となってました。

修理代金のみをもらいたいのですが修理見積りをしたディーラーからは「保険会社には修理後の写真を出す必要がある」と言われたのですが、その場合はどうしたらいいのでしょうか?

こちらのケースは、おそらく加害者が「超過修理費特約」に加入していたと考えられます。

この特約は、本来は13万円が支払われるところ、50万円が支払われる内容になりますが、「被害者が修理をする」ことが条件になるので、修理後の写真を出す必要があります。

下へ

保険料が平均2万5千円安くなる
一括見積もり

自動保険選びは大変ではありませんか?「一括見積りサービス」を利用すれば、簡単に各保険会社のサービス内容と保険料を比較することができます。いちいち各保険会社の資料を調べる手間が省けて、あなたに合った任意保険のプランを選べます。

2019年12月現在でおすすめのサービスは、ウェブクルーの保険スクエアbang!です。無料で最大19の大手保険会社のサービスと保険料を一括で比較できます。

info自動車保険一括見積もりはこちらから

保険会社一覧

ページの先頭へ