下取と買取の違いとメリット・デメリット

下取りとは、

新たに新車・中古車の購入時にディーラーが愛車を引き取り、その販売店で買う新車の購入資金に充てることです。
昔は購入した販売店が下取りするのが一般的でした。

下取りのメリット・デメリット

ディーラーの役割
ディーラーは「新車を売る」のが本業です。基本的に自動車の製造メーカーと販売ディーラーは別の会社ですが、「運命共同体」のような関係です。ディーラーには、メーカーと専売権(ディーラー権)契約している正規ディーラー、正規ディーラーを介して販売するサブディーラーがあります。*自動車メーカーによって組織形態が異なります。

メリット

  • 利便性のメリット。「新しく購入する車」と「あなたの車」が、納車・引き取りのタイミングが、入れ替えする形式で取引されるため面倒がなくなり便利。状況によって代車を貸してもらえる。
  • 販売店が1台でも新車を売りたい状況で、あなたが購入する新車の見積り価格を下げれない場合、下取りの金額を上げて調整してくれる場合がある。
  • 車種・年式・走行距離にかかわらず下取りしてもらえる。
  • 現金の持ち出しが少なくて済む

デメリット

  • 下取り金額は一般的に買取業者より低く設定され、提示された価格に納得するしかない。 
  • 基本的に価格交渉はできない。
  • 肝心なディラーオプション・メーカーオプションを評価しない。
  • 高級なカーナビ・カーステなどの社外品が搭載されていたとしても評価しない。
  • 稀に「T社はM社の製品を低く見積もる」というようなケースもある。
  • オートオークションのスタート価格で下取る場合が多い。
買取とは、買取専門業者や中古車販売店に、直接自動車を売却して現金を受け取ることです。
新しい車の購入とは関係ありません。一般的に金額を重視するならこちらになります。

買い取りのメリット・デメリット

メリット

  • 金銭的なメリット。「下取り」よりも確実に高く売れる。
  • 複数の買取業者から一括査定が利用できる。
  • メーカー・車種によって評価するノウハウがしっかりしている。
  • ディラーオプション・メーカーオプションを評価する。
  • 大抵の車を買い取る
  • 下取りにかかる「代行費用」や「査定費用」などはかからない。

デメリット

  • 手間がかかる。相場の変動が激しい
  • 高望みすると、ある程度の交渉力が必要になる局面がある。
  • 査定額の変更など、非常に稀だがトラブルがある。

下へ

info2019年8月現在でおすすめする
2つの車買取サービス

1番のおすすめは、ガリバーやカーセブンなど大手が登録している「車の一括査定サイト」のかんたん車査定ガイドです。一番高額売却が期待できるサービスです。査定価格は買取店によってバラつくので、合計3社以上の買取店から査定を受けるのがベストです。査定を受けずにオンラインで概算価格(おおよその価格)を調べるだけでもOKです。全国無料。

infoかんたん車査定ガイドの
一括査定はこちら

買い取り店一覧

2番目におすすめするサービスは、ユーカーパックです。こちらは比較的新しい買取サービスで一括査定ではありません。一度の査定を受けて、全国の買取業社(最大5000社)がオークション形式であなたの車を入札していく仕組みです。たくさん電話がかかってくることはありません。こちらも概算価格を調べるだけでもOKです。全国無料。

infoユーカーパックの無料査定はこちら

大変ですが、かんたん車査定ガイド&ユーカーパック2社のコンビネーションが最強です。

ページの先頭へ