車が高く売れるのは何月?おすすめの時期はいつ頃?

車の中から雨を眺める女性

中古車市場には、車がよく売れる月があります。「車が売れる時期は、相対的に買取価格も高めに設定されるはずでは?」と思われるかもしれませんが、ここには注意してほしいポイントがあります。

中古車が売れる月と、それに関係してどの時期に買取価格に影響するのか説明します。


車が売れる時期は3月・9月・12月・6月

車が売れる月のカレンダー

自動車業界にとって年間を通じて最も忙しい時期は2月後半から3月後半です。

新車・中古車販売に加え車検整備など、とにかく忙しくなるクルマの最需要期です。実際には2月下旬から新車・中古車ともに最も売れるシーズンが始まります。

また、9月も中古車の販売が3月ほどではないものの延びる時期です。そして、ボーナスの時期の6月・12月にも売れる傾向があります。

車の需要が多い月の順序は、3月>9月>12月>6月になります。


中古車の需要期に売却すると高く売れるわけでありません

ただし、これらの時期は車を乗り換える、すなわち車を手放すユーザーが多くなるために、中古車の在庫が一気に増える時期になります。ひとつ考えないといけないことは「あなたが売却したい車のコンディションは、必ずしも中古車販売店の店頭で直ちに売りだせる状態ではない」ということです。

高く売るためのポイントは、車の需要時期に売却するのではなく、その1〜2ヵ月前に売ることです。買取店は需要期に備えて買取強化期間を設けるために、ほとんどの買取店で査定額に数万円上乗せされるキャンペーンが開催されます。

一般的に、買い取られた中古車が店頭に並ぶまでには、書類上の手続きやメンテナンス、クリーニングのための一定期間が必要になります。買取店としては、車が売れる月の少し前に売却してもらえると嬉しいのです。

info車を高く売るための査定はこちら

3ヵ月の間隔で、クルマの需要期は回って来るのです!

少なくても需要期の1ヵ月前に買取店への売却をおすすめします!

  • 決算期の3月
  • 中間決算期の9月
  • ボーナス期の12月・6月

四輪駆動車のバックショット

オープンカー・四輪駆動車などの場合

あたなの車が少し特殊だと、需要期は少し変わってきます。例えばオープンカーを売りたいならば、夏の前(春)です。

4WD車やSUV車ならば、冬になる前(秋)に売るのが良いとされています。これも中古車販売業者の在庫管理との関係によるもので、買取強化のために査定額が多少上がる傾向があります。

関連ページ・
車は何年目に売るべきか?


自動車税の課税日「4月1日」の前に売却するとスムーズ

自動車税は、毎年4月1日の時点で所有していると、12ヵ月分を前払いで納めなくてはいけません。売却した場合、未経過分の自動車税は買取店から月割りで還付されることになります。ほとんどの買取店では、3月・4月に自動車税負担キャンペーンを実地しています。

自動車税・軽自動車税の税額

車種総排気量税額(自家用)税額(営業用)
乗用車1リットル以下29,500円7,500円
1リットル超~1.5リットル以下34,500円8,500円
1.5リットル超~2リットル以下39,500円9,500円
2リットル超~2.5リットル以下45,000円13,800円
2.5リットル超~3リットル以下51,000円15,700円
3リットル超~3.5リットル以下58,000円17,900円
3.5リットル超~4リットル以下66,500円20,500円
3.5リットル超~4リットル以下76,500円23,600円
4.5リットル超~6リットル以下88,000円27,200円
6リットル超111,000円40,700円
軽自動車660cc以下10,800円6,900円
自動車税負担キャンペーンとは、3月31日までに買取の契約が完了できない場合には、 翌年度の自動車税は買取業者が負担するサービスです。

車種の年式・世代

年間の需要期に売却するのもひとつのアイデアですが、買い取り金額が大幅に変わる要因になるのは、あなたの車種の年式と何世代目かで、新しいモデルが登場するタイミングがより重要になります。

トヨタ・プリウスのモデルチェンジ

モデルチェンジ前に売る

新型車(フルモデルチェンジ)が販売されると、「乗り換え需要」が高まり、旧型モデルが中古車市場に多く流れてしまうので、供給が過多になり中古車相場が下がっていきます。また、アクア(トヨタ)&フィット(ホンダ)などの、ライバル関係にある車の片方がモデルチェンジした場合も、相対的に両車の買取相場に影響を与えるといわれています。

車を売る時期的には、フルモデルチェンジする情報が流れる前が良いのですが、実際その時期を見分けるのは難しいのが現状ではないでしょうか。(*特にモデルチェンジが多い時期や月はありません)正確な発売日が発表されるのは販売開始の1~2ヵ月程度前からです。モデルチェンジがあるときは、ディーラーからユーザーに発売日の1ヵ月前から告知しなければいけない決まりになっています。

年をまたぐ前に売る

以上のことから、車を売る時期は基本的に年をまたぐ前に売るのが最善策かもしれません。年式が古くなる(年をまたぐ)と、自動的に査定額が下がってしまうという理由です。

季節・年月が経つにつれ、車の価値は下がってしまいます。結局のところ、車は売りたいと思ったときに売るので良いのではないでしょうか。日本自動車査定協会は「シルバーブック(中古車市場価格相場表)」「イエローブック(中古車卸売価格相場表)」を毎月1日に発行していて、相場価格は月単位で調整されています。基本的に車の価格は時間と共に下落するものなのです。

下へ

info2019年8月現在でおすすめする
2つの車買取サービス

1番のおすすめは、ガリバーやカーセブンなど大手が登録している「車の一括査定サイト」のかんたん車査定ガイドです。一番高額売却が期待できるサービスです。査定価格は買取店によってバラつくので、合計3社以上の買取店から査定を受けるのがベストです。査定を受けずにオンラインで概算価格(おおよその価格)を調べるだけでもOKです。全国無料。

infoかんたん車査定ガイドの
一括査定はこちら

買い取り店一覧

2番目におすすめするサービスは、ユーカーパックです。こちらは比較的新しい買取サービスで一括査定ではありません。一度の査定を受けて、全国の買取業社(最大5000社)がオークション形式であなたの車を入札していく仕組みです。たくさん電話がかかってくることはありません。こちらも概算価格を調べるだけでもOKです。全国無料。

infoユーカーパックの無料査定はこちら

大変ですが、かんたん車査定ガイド&ユーカーパック2社のコンビネーションが最強です。

ページの先頭へ