車を売るタイミングは何年目?走行距離は?

10年以上乗りつぶしたマツダ・ユーノスロードスター

一般的に、車を買い替えるタイミングは「走行期間5年・距離5キロ」です。多くの人が新車購入から2回目の車検を迎える直前に、買い替えるか・乗り続けるか悩むターニングポイントです。

*車検は、新車なら初回は3年目、以後2年ごと。

自動車業界で「車を乗りつぶす」とは、走行期間10年以上・距離10キロ以上のことを差しますが、乗りつぶすつもりで使用していても結婚や子供が増えるなど生活環境の変化で車を買い換えたり、手放すケースも多いものです。

もちろん、乗りつぶしてから売却するのも断然ありですが、買取額が高いうちに売るべきタイミングはいつなのか考えてみましょう。*車がいま何年目かを確認するには、車検証の「初年度登録年月」の項目でわかります。

info車を高く売るための査定はこちら


「タイミング=走行距離」は重要な査定のポイント

最新の「走行距離と売却台数の関連性の調査」では、走行距離2万5001~5万kmの車の売却が最多で、ほぼ僅差で2番目に多い5万0001〜7万5000km、3番目に0〜2万5000kmというデータがあります。近年は早めに乗り換えるユーザーが多い傾向にあります。

クルマ業界で考えられている平均年間走行距離は1年1万キロ

1年1万kmを示す地平線

自動車業界で一般的と考えられている平均年間走行距離は、1年1万キロメートルといわれていました。例えば、5年目の車で、4万キロの走行距離は少なく感じ、6万キロでは多い印象になります。

もちろん、車種や色、使用状態も査定の重要な要素にはなりますが、売却するなら年間万単位を超えてないほうが良いともいえます。

関連ページ・車検が切れたクルマの査定


10年10万キロの真意

走行距離が10万キロを超えると、買取価格は厳しくなる傾向があります。この「10万キロの壁」は、昭和時代の『自動車は10万キロで壊れるもの』という名残が原因と考えられていて、「いまだに都合の値引き交渉の理由」として悪用されている」と非難されることもあります。実際、筆者が新車ディーラーに10年ほど働いていたときに、「10年10万キロ」が理由で壊れたお客様に出会ったことはありません。

しかし、なんと!弊サイトが同席した査定調査では、2015年頃から「1年8千キロ」を主張する買取業者が増えはじめています。この原因は、冒頭で紹介しているように「7万5000キロ以内で乗り換える人が最も多いから」だと推測できます。

結論・車を売るタイミングは、5年以下(5万キロ以下)か8年以下(8万キロ以下)

当然、走行距離は少なければ少ないほどいいのですが、無難な考え方をすれば、買い換え・売却時期を悩んでいる場合は、走行距離が5万キロ以下か、8万キロ以下の2つのタイミングが「売り時」かもしれません。

走行距離が「5万キロ」と「8万キロ」を超えるタイミングで買取金額が下がることが多いからです。

爆発的に人気になった車種の価値は、早く下がる傾向があります。これは中古車市場での台数が過多になってしまうためです。

特に、発売から5年目の車検前のタイミングで市場にあふれてしまいます。*車検は新車なら初回は3年目、以後2年ごとになります。

関連ページ・
車がよく売れる月はいつ?

本当は丈夫な自動車

40万キロを走る日本のタクシー

しかし実際のところは、現代車は軽自動車でも10万キロを過ぎたからといって、壊れるものではありません。タイミングベルトの交換やプッシュ類など、疲労部品の交換とメンテナンスは必要になりますが、自動車のエンジンはそう簡単に壊れるものではありません。

アメリカで販売されているハイブリッド車のプリウスやプリウスC(アクア)等は、新車購入時に16万キロの補償が付いています。メーカーも耐久性には自信を持っていることがわかります。

国内のタクシーは、ざらに40万キロをオーバーホールなしで走っているそうです。ちなみに地球一周は4万キロなので、タクシーは地球40周分走っていることになります。あくまでも「10万キロの壁」は固定観念の名残なのです。

関連ページ・
新車登録から13年以上経過した古い車は税金が上がる
かつての人気車が不人気車になることがある


そもそもエンジンが壊れて車を買い換えるケースはあまり無い

ボンネットを開けてエンジンから煙がでている

国産車の場合、実際に車の不調や故障が原因で車を買い換えた人の中では、エンジンが壊れて買い換えた人はほとんどいないようです。10万キロでタイミングベルトを交換など、少しだけ特別なメンテナンスが必要になるのが実際のところです。

大多数はラジエーターなどの冷却系やエアコンの不具合、電気系の不具合などエンジン以外の部分の故障で買い換るケースです。最低限の定期的な整備を受けましょう。

国産車は、21世紀に入ってから品質がグンとレベルアップしました。エンジンやトランスミッションなどを構成する精密機械部品の工作精度も格段に向上していますし、材料も金属・樹脂パーツともに高品質になっています。そうしたパーツを集合して載せるモノコックボディは、強度計算や溶接方法も大きく代わり、安全かつ剛性感の高い造りになりました。

もしあなたが低予算重視で次の車を中古車として探す場合、リセール時の金額は少なくなりますが、10万キロを越えた格安の中古車を買うのもひとつの選択肢です。

下へ

info2019年8月現在でおすすめする
2つの車買取サービス

1番のおすすめは、ガリバーやカーセブンなど大手が登録している「車の一括査定サイト」のかんたん車査定ガイドです。一番高額売却が期待できるサービスです。査定価格は買取店によってバラつくので、合計3社以上の買取店から査定を受けるのがベストです。査定を受けずにオンラインで概算価格(おおよその価格)を調べるだけでもOKです。全国無料。

infoかんたん車査定ガイドの
一括査定はこちら

買い取り店一覧

2番目におすすめするサービスは、ユーカーパックです。こちらは比較的新しい買取サービスで一括査定ではありません。一度の査定を受けて、全国の買取業社(最大5000社)がオークション形式であなたの車を入札していく仕組みです。たくさん電話がかかってくることはありません。こちらも概算価格を調べるだけでもOKです。全国無料。

infoユーカーパックの無料査定はこちら

大変ですが、かんたん車査定ガイド&ユーカーパック2社のコンビネーションが最強です。

ページの先頭へ