車の売却手続に必要な4つの書類

査定担当者は、必ず査定を始める前に「書類があるかどうか」を質問してきます。

買取店はスムーズな取引を好みます。必要書類が揃っていれば、確実に交渉が有利になります!


自分で用意する書類

  1. 自動車検査証(車検証)
  2. 自動車損害賠償責任保険証(自賠責保険証)
  3. 自動車納税証明書/軽自動車納税証明書(領収書)
  4. 実印・印鑑証明(3ヶ月以内に発行したもの)
①車検証
紛失している場合は、ナンバーを発行した陸運支局等で再発行してもらえますが、都道府県の異なる住所へ引っ越した場合でも、発行元の陸運支局まで出向かなくてはいけません。また、車検証に記載されている住所と現住所が違う場合には住民票が必要です。*引っ越しが2度なら住民票の除票、それ以上であれば戸籍の附票が必要です。

②自賠責保険証
通常は車検証と一緒に保管しています。保険料の領収証は、保険証の代わりにはならないので注意が必要です。紛失している場合は、保険会社から再発行してもらいます。

③納税証明書
無くした場合は、役場の税務課で車のナンバーを伝えるとスムーズに再発行してもらえます。また、提出後に自動車税納付書が届いた場合は、業者さんに相談して処理してもらいましょう。放置すると、催促状や延滞金請求を受け取ってしまうケースもあります。

④印鑑証明
コンビニで24時間いつでも発行可能で、土日でもOKです。*コンビニでの発行は住民基本台帳カード(住基カード)が必要です。また、軽自動車の場合は認印のみで、実印と印鑑証明は必要ありません。


状況によって必要な書類

  • 戸籍謄本 結婚して姓が変わった場合
  • 行政区画変更証明書 区画整理などで住所表記が変更している場合
  • 完済証明書 ローンが完済しているにもかかわらず、車検証の名義が自分ではない場合
上記以外の書類では、リサイクル券があれば理想的です。

売買成立後に業者が用意する書類

  • 譲渡証明書
  • 委任状

譲渡証明書と委任状はセットになっていて、名義変更(譲渡)の手続きに必要です。通常、業者側が代行して名義変更を行うので、あなたの委任状が必要になるということになります。

下へ

info2019年8月現在でおすすめする
2つの車買取サービス

1番のおすすめは、ガリバーやカーセブンなど大手が登録している「車の一括査定サイト」のかんたん車査定ガイドです。一番高額売却が期待できるサービスです。査定価格は買取店によってバラつくので、合計3社以上の買取店から査定を受けるのがベストです。査定を受けずにオンラインで概算価格(おおよその価格)を調べるだけでもOKです。全国無料。

infoかんたん車査定ガイドの
一括査定はこちら

買い取り店一覧

2番目におすすめするサービスは、ユーカーパックです。こちらは比較的新しい買取サービスで一括査定ではありません。一度の査定を受けて、全国の買取業社(最大5000社)がオークション形式であなたの車を入札していく仕組みです。たくさん電話がかかってくることはありません。こちらも概算価格を調べるだけでもOKです。全国無料。

infoユーカーパックの無料査定はこちら

大変ですが、かんたん車査定ガイド&ユーカーパック2社のコンビネーションが最強です。

ページの先頭へ