メンテナンスノートがあれば有利

メンテナンスノートホンダ メンテナンスノート日産 メンテナンスノートトヨタ メンテナンスノートスズキ

新車の購入時に渡される「メンテナンスノート」は、メーカー保証書と点検整備記録簿が一体になったものです。各メーカーごとにサイズ・デザインが異なります。オーナーが代わると、メンテナンスノートは引き継がれるものです。

点検整備記録簿とは

点検整備記録簿は基本的に整備士が記入する書類で、自動車の法定点検整備(24ヵ月点検・12ヵ月点検)や、リコールやサービスキャンペーンなどの整備を行っていることを証明する書類です。車検は分解整備記録簿に記入します。法律上、車両に常時携帯するのが義務とされています(不携帯の罰則はありません)。

定期点検整備記録簿

「いつオイルを交換したのか」「いつ消耗品を交換したのか」などの記録と、記入時の走行距離まで確認できる車の診断書のようなもので、車のコンディション・メンテナンスを把握するための重要な資料になります。

点検整備記録簿は、必ずメンテナンスノートを使わなければいけない訳ではなく、実際の点検結果は記録簿用紙は、各メーカー、各ディーラー、整備工場などで個別に発行する「定期点検整備記録簿」に記載され、メンテナンスノートのと一緒に保管する場合が多いです。

整備記録簿は自動車の売買時に重宝する

中古車店で展示販売される場合、プライスボードには「前所有者の点検整備記録簿(有・無)」の欄が設けられ、ある程度の販売時の信頼を表す指標になり、貴重な情報源になります。

上記のように、通常このメンテナンスノートは車内で保管するはずなので、基本的に紛失することはありません。車の査定時に必ず用意しなければいけない書類ではありませんが、揃っていた方が有利だと考えましょう。ディーラーや整備工場でも点検整備歴は記録されますが、5年程度までしか記録を管理しません。


保証書
車の売却時のメンテナンスノートの引き渡しは、保証継承にもなります。新車購入時では、最大5年10万kmの保証が付きますが、保証書が無くても車体番号・年式で確認ができます。また紛失した場合、中古車販売店には再発行する権利がありません。新車を購入したディーラーに相談してみましょう。


新オーナーに個人情報が流れるリスクはある?

個人情報保護法施行以降、「保証書」「点検整備記録簿」は車体番号のみで管理されています。また、それぞれの個人情報の覧は取り外しできるようになっています。販売時には、所有者の個人情報は保証書・記録簿本体には掲載されることはないので、車の売り渡しと一緒に定期点検整備記録簿を付属しても次の所有者に個人情報が流れることはありません。

紛失した場合

メンテナンスノートが紛失した場合は、購入した販売ディーラー元に問い合わせてみるとよいでしょう。車がその販売店から購入されていた事実が確認できれば(データが残っていれば)、対応できる場合があるようです。

下へ

info2019年6月現在でおすすめする2つの車買取サービス

1番のおすすめは、ガリバーやカーセブンなど大手が登録している「車の一括査定サイト」のかんたん車査定ガイドです。一番高額売却が期待できるサービスです。査定価格は買取店によってバラつくので、合計3社以上の買取店から査定を受けるのがベストです。査定を受けずにオンラインで概算価格(おおよその価格)を調べるだけでもOKです。全国無料。

infoかんたん車査定ガイドの一括査定はこちら

買い取り店一覧

2番目におすすめするサービスは、ユーカーパックです。こちらは比較的新しい買取サービスで一括査定ではありません。一度の査定を受けて、全国の買取業社(最大5000社)がオークション形式であなたの車を入札していく仕組みです。たくさん電話がかかってくることはありません。こちらも概算価格を調べるだけでもOKです。全国無料。

infoユーカーパックの無料査定はこちら

大変ですが、かんたん車査定ガイド&ユーカーパック2社のコンビネーションが最強です。

ページの先頭へ