知っておくべき自賠責保険の補償の限界

自賠責保険の補償範囲と補償金額は不十分

自賠責保険の補償は、対人事故によって生じた他人の死亡と傷害に対してのみです。交通事故を起こして補償をしなければならないは、これ以外に相手の車や、それ以外にも道路標識・ガードレール・塀・家屋・電柱などに損害(物損)を与えた場合の費用も補償しなければなりません。

また、自分自身が死亡したり、傷害を負って休業したりしなければならないと、本人やその家族の生活が困窮することもあるため、家族などが安心できる補償も必要になります。また、自分自身の車を修理する費用が補償されないとたがの出費が必要になり困ることになります。

自賠責保険の補償金額は、死亡時で最大3000万円、後遺障害が残った場合で最大4000万円、傷害に対しては最大で120万円までしか補償されません。

死亡事故での支払い補償額では、
裁判で1億円を超える判決も出ています。

自賠責保険の補償金額を超えると、その差額は自己負担をしなくてはいけません。

傷害の場合は、長期の入院になると治療費や休業補償で120万円を大きく超えるケースもあります。これらのことから、自賠責保険だけでは十分ではありません。


いつも安全運転で、大きな交通事故は絶対に起こさない自信があれば、自賠責保険だけで大丈夫と思いますか?

info保険料を賢く抑えるための「自動車保険の一括見積り」はこちら

安全運転で事故は起こさないなら自賠責保険だけで十分か?

死亡事故

交通事故に対する罰則を定めている道路交通法では、弱者である歩行者に対する事故の場合、ドライバー側により大きな注意義務を課しています

そのため、自殺による飛び出し、当たり屋などによる故意の飛び出しなどが客観的に証明されない限り保護者保護優先の原則が強く働き、過失がゼロになるケースはほとんどないと考える必要があります。

また、法律で禁止されていますが、ごく一部には自賠責保険に加入していない車検切れの車を運転している人や、任意保険に加入しないで運転している人もいます。そのような車が無謀運転や居眠り運転で対向車線に飛び出して来たり、赤信号を無視して交差点に突入してきたりして事故にあうと、自賠責保険や任意保険からの補償を受けることができなくなります。

相手に経済的余裕があれば補償してもらえますが、無ければ泣き寝入りになります。

自分だけが安全運転していても、歩行者を死亡させたり、自分自身が死亡事故に合う危険性があります。


自賠責保険で不足する補償をカバーするには任意保険が必須

以上の理由から、自賠責保険だけでは補償は不十分です。事故の相手に対する人的・物的補償を十分にするため、また自分自身の身体・財産に対する補償を十分にするためには任意保険へ加入することが必要になります。

任意保険には、以下のような補償を受けられる保険が全て含まれていて、事故で生じる被害者への補償や自分自身に対する補償に対して十分な備えをすることができます。

対人賠償保険
被害者への補償額が自賠責保険で支払われる最大補償金額では不足でも十分な補償をすることができる。

対物賠償保険
自賠責保険では補償されない物損に対する補償をすることができる。

搭乗者傷害保険
自賠責保険では自分自身の死亡や傷害に対する補償はされませんが、この保険で補償を受けることができます。また同乗者の死亡、傷害に対して自賠責保険で支払われる最大補償額では補償額が不足しても、十分な補償をすることができる。

人身傷害補償保険
保険では自分自身の死亡や傷害に対する補償はされませんが、補償を受けることができます。また同乗者の死亡・傷害に対して自賠責保険で支払われる最大補償額で被害者への補償額が不足しても、十分な補償を受けることができる。搭乗者傷害保険の補償内容が更に充実している。

車両保険
自賠責保険では補償されない自分の車の損害を補償してもらうことができる。

自損事故保険
自賠責保険では補償されない単独事故(自損事故)を起こして、死亡や傷害を負っても補償を受けることができる。

無保険者傷害保険
事故相手が任意保険に未加入であったり、加入していても補償額が十分でなかったり、当て逃げ・ひき逃げで加害者が不明な場合などで、十分な補償が受けられなくても補償される。

関連ページ・
任意保険の種類と補償の内容

下へ

保険料が平均2万5千円安くなる
一括見積もり

自動保険選びは、保険会社が多いので大変です。「一括見積りサービス」を利用すれば、簡単に各保険会社のプラン内容と保険料を比較することができます。いちいち各保険会社の資料を調べる手間が省けて、あなたに合った任意保険のプランを最もリーズナブルな保険料で選べます。

2022年7月現在でおすすめの一括サービスは、下記リンク先で紹介している「保険スクエアbang!」です。無料で最大16の大手保険会社のプランと保険料を一括で比較できます。

大手16社の保険料をプラン別で比較
自動車保険一括見積もりはこちら
保険会社一覧

ページの先頭へ