盗難に遭った愛車が人身事故

盗まれた愛車が事故った!
ドアロックしないで車を公共の場所に放置したり、エンジンをかけたまま車から離れたりして車の盗難に遭った場合、その車が事故を起こすと管理責任が問われて、賠償責任を負う羽目になります!
キーのさしっぱなし

責任を回避するには、盗難にあったことが判明したらすぐに警察に届け出ておく必要があります。

もし警察に届け出してから数日後の事故であれば、一般的には免責されることが判例では多くなっています。

しかし、管理があまりにひどい状態であれば必ずしも免責にならない可能性もあります。最低限ドアロックは常に必須です。

盗難車の事故に責任があると判断された場合、保険は使える?

車の所有者として管理責任が甘かったとして賠償義務を負わされても、保険に加入していれば、自賠責保険やそれを超える補償は任意保険から支払われます。

一般の交通事故では任意保険の補償に関しては、過失があればその分の過失分は相殺され、保険からは支払われませんが、盗難事故の原因になった管理過失については相殺されません。

ただし、補償額が巨額で任意保険の加入補償額を超えるとその分は補償義務を負わねばならなくなります。また、保険会社によっては年齢制限を付けた加入契約では、盗難車で事故を起こしたときの運転手が加入契約の年齢条件に合っていないと補償されないことがあります。

そのため、よくドアロックの忘れ癖があり、オープンスペースの駐車場に駐車をしているような方や、人気車種で盗難が多い車に乗っている方は、一度、保険契約を確認して念のため保険会社の変更を考えてみても良いでしょう。

盗難車との事故は理不尽

盗難車との事故にあう危険性がゼロではありません。盗難車の管理がきちんと行われているとその車の自賠責保険・任意保険からは補償を受けられません。当然、その盗難車を運転者に対して賠償を要求する訳ですが、盗みを働くような人間には賠償能力がないのが一般的です。

このような場合、全く補償が受けられないのでしょうか?

最悪その場合、国からの救済を受けることができます。ただし、人身被害に対してのみになり、物損や、自賠責を超える人身被害に関しては泣き寝入りになってしまう可能性が高くなります。盗難車との事故に遭う確率は高くはありませんが、被害に遭えば理不尽な思いをしなければならない可能性があります。

ページの先頭へ