リスク細分型自動車保険とは

リスク細分型自動車保険は、ドライバーの年齢・性別などで事故が起こる危険性や、車の性能などによって事故が起きる可能性を、細分化して保険料を設定している任意保険です。

リスク細分型自動車保険は、は従来はなかった年間の走行距離によって事故が起きる危険性は、明らかに車に乗らない(走行距離が少ない)方が事故の起きる危険性は低いので、走行距離が少ない方は保険料を多い人より安くする任意保険のことです。

リスクの種類を細分化するほか、年齢区分をすることでリスクの種類を細分化できます。

info保険料を賢く抑えるための「自動車保険の一括見積り」はこちら

事故を起こす危険性に影響を与えるリスクの種類

  • 年齢
  • 性別
  • 運転歴
  • 車の使用目的(自家用・営業用、通勤用・レジャー用など)
  • 車の使用状況(年間走行距離)
  • 居住している地域性
  • 車種
  • 車の安全運転装置・盗難防止装置の有無など

これらのリスクの種類に対するリスクの大きさをどう考えるかは、保険会社によって異なります。

例えば、同じ年齢・同じ車の車種・車の使用目的が、保険会社によって保険料が変わることがあります。

リスク細分型自動車保険のメリット・デメリット

リスク細分型保険のテレビCMを見ていると常に保険料は安いように感じられてメリットしかないように思う人もいるのではないでしょうか。例えば、極端に年間の走行距離が少ない人は、リスク細分型で走行距離別に保険料が決められていると、他の条件が同一とすると保険料は通常の任意保険より安くなります。

反対に、平均よりも走行距離が多い人はリスク細分型保険の保険料はどうなるでしょうか? 

当然、走行距離が長いので事故を起こすリスクが高くなるので保険料は高くなります。走行距離が短い保険料が安く設定されているので、その安くなった保険料の分が走行距離の長い保険料に追加されます。つまり、走行距離が長い人にとっては、従来のリスク細分型保険より高くなり、デメリットの大きい任意保険になります。

リスク細分型自動車保険で、保険会社を選ぶときは保険会社毎の保険料違いを比較するほか、リスクがあまり細分化されていない任意保険の保険料との比較も必要になります。

下へ

保険料が平均2万5千円安くなる
一括見積もり

自動保険選びは、保険会社が多いので大変です。「一括見積りサービス」を利用すれば、簡単に各保険会社のプラン内容と保険料を比較することができます。いちいち各保険会社の資料を調べる手間が省けて、あなたに合った任意保険のプランを最もリーズナブルな保険料で選べます。

2021年10月現在でおすすめの一括サービスは、下記リンク先で紹介している「保険スクエアbang!」です。無料で最大16の大手保険会社のプランと保険料を一括で比較できます。

大手16社の保険料をプラン別で比較
自動車保険一括見積もりはこちら
保険会社一覧

ページの先頭へ